MCP試験受けてみた

最近仕事が暇なもんで、休日出勤には振替休日が付いてくる…ってことで

Microsoft Certification Program、通称MCP試験に気分転換も兼ねて手を出してみた。

2005年に資格体型が変わってて、まずはMCTSかなーとも思ったんだが

会社で使ってるのもWinXP/Server2003だし旧資格になるMCPを受験。

今なら不合格でももう1回タダ受験可能ってキャンペーンもありましたしね。

さて、MCP試験の概要はMicrosoftのHPにお任せするとして、

とりあえずServer管理をしている身分としては上位資格まで行きたいところです。

が、そこに至るまでにはかなりの科目を受験、合格しなければならずお金も時間も頭脳も足りません。

と、いうわけでとりあえずは

Microsoft Certified Desktop Support Technician(MCDST)に照準を定めました。

本資格は2科目の合格で取得でき、WinXPのインストールやサポート、

構成や設定に関する内容となっています。

また、本資格を持てば新資格のWindowsVistaで同等の効果を持つ

MCITP:エンタープライズ サポート テクニシャン が更新試験のみで取得できます。

Vistaだけの取得のつもりならMCITPの2単位で良かったんですが、

XPも欲しいとなると必然的にこの順番でないと2+2単位になって損なので…

ちなみに、このクラス(所謂クライアントOS類)の資格は勉強すれば十分取れる資格らしく

ネットで見てると試験勉強1日なんて方もチラホラ。そういう意味では自己満足、

若しくはより上位の資格への経由点に過ぎないのかもしれません。

事実私も単なる個人的趣味で受けましたし。仕事とか関係なく。

前述のキャンペーンを使った場合、一度に受験できるのが1科目という制限が発生します。

と、いうわけでまずは試験番号 70-271 から受けてきました。

どちらかというと実務経験がモノを言いそうな試験内容ですな。

そういう点では自作PCでSATA-HDDが認識されずに右往左往した記憶とかが

素晴しく役に立ちました(苦笑

勉強には通称 “赤本” と呼ばれてる参考書を1冊ポチっと。

あとは2回目タダだからとりあえず感じを掴もう、って感じで受験申し込み。

結局受験勉強も前日にペラペラペラーっと読んで模試問題やっただけでした。

で、結果。700点以上で合格(何点満点なんだろ)なんですが、

800点台後半でとりあえず無難に合格。なんか妙に難しい問題もあったけど…

とりあえずは次に試験番号 70-272 を受験して合格すればMCDSTは取得できますな。

受けるとすれば4月かなぁ…3月に受けても良いけど今回分の処理完了してから

受験しようと思ってるし。まぁ気分次第で考えましょ。

というか全然PT1記事を書いてないな…orz

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA